つなぐコーヒー主催、チーズと珈琲を楽しむ会へ行ってきました。


つなぐコーヒープレゼンツ、チーズとコーヒーを楽しむ会へ、8月21日、まさに台風が3つやってきてるその合間に川崎の元住吉まで行ってきました!
開催場所はコーヒー愛好家たちで人気のお店MUIさん(旧もとえ珈琲)。
IMG_6642
どどーんと鎮座するGIESEN(ギーセン)の焙煎機。こんなの初めてみました!
IMG_6643

さて、いよいよ会のスタート。まずは店主の大沢さんが淹れる5種類の珈琲を試飲。
まずは珈琲単体で味わいます。
それからチーズ担当のmikotoの今井さんがチーズを準備。
今度はチーズと珈琲のカップリングを試します。

ワインとチーズが合うのはみなさんご存知だと思いますが
珈琲とはそんなに合わないと思います?
じつはとんでもなく、合います!むしろワインよりも!って感じです。

「というのも、珈琲は温かい飲み物なのでチーズが口の中で溶けます。
つまりワインより口残りが少なく、チーズを美味しく味わえます!」(大沢さん談)
IMG_6626
なるほどー。たしかに、口の中でとろっと溶けるのがたまりません。
さらにいうと、5種類全てのカップリングがそれぞれ違った味と深みがあるので、すごく楽しい。
まさに新世界のゾーンを体験。
珈琲の産地や焙煎度合いの違いでの飲み比べは、何回か行ったことがありましたが
チーズに合わせた珈琲の飲み比べはほんとになかった!目からウロコですね。

そうそう、美味しい珈琲とチーズを食べながら考えてましたが、
食べ物ってこれっていう決まりは無いんだな〜と。
1個の食材も、「煮る・焼く・茹でる・炒める」で違うし、切り方も「刻む・ちぎる・すりおろす」とかで違うし、味付けだって「和洋中」色んな味つけがあるわけで、さらにそれに何を組み合わせるかで無限大。
なんとなく、これが合いそう〜と思ってパンの具を考えてるけど、もっといっぱいチャレンジングに行っても良いんじゃないかーとわたしはこの会で自信を持ちました!

食べる人の気分でも、のせてる器の形や大きさでも、今日の天気でも、意外と食べ物の味は変わってきて、1つとして同じものを食べることはないんだよな〜。
食べ物を仕事にするっていいですね。

さてさて、わたしが今回いちばん好きだったカップリングはフランス産コンテ(8ヶ月熟成)とグアテマラ サンタカタリーナ農園のフレンチローストタイプの珈琲で、ずっと永遠と食べられるんじゃないかというくらいパクパク食べてました。
好きな珈琲はケニア カラツファクトリーのシティロースト。
以前、つなぐさんのツアーで行ったtsukikoyaさんでハイローストを味わって以来、浅煎り好きになりました。そしてブラックが好きになりました。豆がよりフルーツっぽく感じられるから好きなのかな。(深入りのミルクたっぷり珈琲も好きだけどね。)

このチーズと珈琲の会は人気企画らしく、ちょくちょくmuiさんで開かれているようなので、ぜひ気になる方はwebサイトなどをチェックしてくださいね。

今日はこのケニアの珈琲を飲みながら、そして台風と雨のmixtuneを聴きながら、ブログを書いています。

IMG_6641 2
*つなぐ、コーヒーセレクトショップさんでは、選りすぐりのコーヒー豆を定期販売しています。
会員の方には今回のような「コーヒーロースターを巡る会」のご招待もありますよ。ぜひ気になる方はこちらのHPをご参考ください。

つなぐ、コーヒーのセレクトショップhttp://tsunagu-coffee.com/
Facebookページhttps://www.facebook.com/tsunagucoffee/?fref=ts

2016-08-22 | Posted in BLOGNo Comments » 

関連記事