パンイチ!ワークショップ 「発酵」から考える味噌づくりの会 【2016.3.6】


  • SONY DSC

今日はパンイチ!ワークショップ3回め、味噌ワークショップの会を開催しました。

参加者のみなさんはみんな味噌作り初めての方でどんなふうに味噌が作られるのか、どんな仕組みで大豆と麹が味噌へ変化していくのかその話に興味しんしんでした。

発酵食品はヨーグルト、キムチ、醤油など数あれどどうして時間と菌が食べ物をおいしく変えてしまうのか意外と知らないその発酵の仕組みを講師のパンのオオトヤの大戸が解説。
たくさんの質問が出る中、たのしい講義になりました。

早速の味噌作り。参加者のみなさんはチームに分かれて、大豆潰したり、混ぜたり、こねたり、詰めたり多少額に汗しながらも、味噌は完成。
あとは半年寝かせるだけですが、みんなできた味噌を手にニッコリでした!

今日は味噌づくりだけでなく、ごまペーストでつくる絶品味噌ペーストとその味噌ペーストを使った一品料理(茄子とピーマンと豚肉の炒め物)、そして中田ベーカリーとオオトヤのカンパーニュをお供に試食。
それに、3種類のお味噌汁、八丁味噌・麦味噌・米みその飲み比べも行いました。(わたしは麦味噌が1番甘くて好みかな)

あっという間の3時間。
味噌ペーストは「こどものおやつにもいいよねっ」て話してました。
クラッカーやパンにチョコレートやクリームつけるのも悪くないけど、こうやって手作りしたみそで、味噌ペースト作って食べるのも悪くない。いやぜんぜん!むしろすごくいい!と思った次第です。(主観)だって、野菜スティックにも合うし、和も洋もいけちゃうし、こんな万能ペーストないです。これもベースが味噌だからですよね。味噌って偉大だな、そして日本特有のものであるがゆえ、ぜひ大事にしたい調味料だな、とも思います。

また来年も味噌の会は続けてやっていきたいと思っていますので、気になる方はパンイチ!webサイトまたはFacebookを要チェックです。

次回のワークショップも面白いのを企画してます。
んふふ。お楽しみに!!

Thanx for Amrita_Shokudo from KICHIJOJI.

2016-03-06 | Posted in BLOG, GALLERYNo Comments » 

関連記事