食育工房Ambrosia講座へ行ってきました。


先週の土曜日、管理栄養士寺石佳世先生の食育講座を受けてきました。
先生は私が中野でサラリーマンしてた時にお世話になっていた先生で、
神戸で食育工房Ambrosiaを主宰しておられます。
今回のテーマは「ミネラルと牛乳」
わたし、パンを作っている手前、炭水化物、タンパク質(グルテン)などは
多少勉強していましたが
ミネラル(無機物)に関しては、全然知識なくて、(もしかしたら皆さんもそうではないですか)
そのおかげで目からウロコな、「そうだったんだ〜!知らなかった〜!」ということだらけで
「為になる」ということは正にこういうことだと体感してきた感じです。
例えば、カルシウム摂るにはマグネシウムとリンを2:1:2で摂らないと体に入っていかないとか
(牛乳を摂るだけじゃダメなんですね、マグネシウムがないので<写真の表参照>)
そういう意味では小魚やほうれん草などの方がカルシウム摂るにはいいとか。
最近はコンビニ食品の摂取が多いので添加物(ナトリウムやリン酸塩などが多い)を摂りすぎることによって
カルシウム不足になっているとか。
IMG_0889

IMG_0886

牛乳の飲み比べもあって、楽しかった!低温殺菌(72℃で15秒以上)と超高温殺菌(130℃2〜3秒)の牛乳では味がまったく違うし、ホモジナイズされた牛乳とホモジナイズされていない牛乳(ノンホモ)と飲み比べても
まったく違う!
私はこのホモジナイズという言葉の意味を初めて知り、それを業者が行うのは味を良くするためではなく利便性の問題だということを改めて知りました。
もちろん企業努力でコストを下げるためだとは思うのですが、でもそれが本来あるべき姿の食品を変えて
自分たちの体に入っていくのは、やはり考えるべき問題だなと思います。

当時もとっても面白い、そしてためになる講座をされていたのですが
今回もさらに興味深いお話で2時間半あっという間でした。

最後に出してくださったKAIYAさんのくずもちと浅漬けとお茶もとっても美味しかったです!
IMG_0894
次の講座は2月7日(日)です。「味覚と塩、醤油について」ぜひご興味ある方は参加してみてくださいね。
http://www.ambrosia-shokuiku.com/

2015-10-26 | Posted in BLOGNo Comments » 

関連記事