【然企画】


山梨県甲州市から、極上の干し柿を作る「然企画」さんをご紹介します。

パンイチ!主催のオオトが山梨に移住したのをきっかけに知り合った、然企画さん。
山梨名物の干し柿「枯露柿(ころかき)」というものが山梨の甲州エリアでは有名ですが、然企画さんは「紅露柿(くろかき)」という名前で自然の柿の紅色を生かした干し柿を販売をされています。

干し柿、というと「おばあちゃんの食べ物」な〜んて思う方もいるかもしれませんが、実は、パンとの相性がとっても良いのです!日本の古来からのドライフルーツです。
また、乳製品とも相性が良いので、バケットにクリームチーズと紅露柿を乗せて食べれば、それだけで立派なタルティーヌ。

他にもお勧めしたいのが、「柿蜜」。
甲州百匁柿というとても大きな柿の果汁を濃縮したもので、はちみつのような濃厚さ。しかも、果汁にする柿の状態によって、3種類の味があるのです(当日ぜひ味わってください!)

当日は、同じく甲州市で人気のパン屋さん「パンテーブル」さんがイベント用に作ってくださる「KUROKAKIパン」の販売もあります。どうぞお楽しみに!限定数なので早いもの勝ち!

<然企画 プロフィール>
無農薬栽培で育てる「甲州百匁柿」を添加物による燻( くん )蒸処理をせず、湯煎と天日干しで仕上げる「紅露柿」、柿の果汁を煮詰めて作る「柿蜜」柿の葉をパウダーにした「柿の葉茶」を作っています。
経営方針として、「商品を売るのではない、物語を売るんだ」を揚げています。
作り手が安全・安心にこだわり、柿の木との協働により生み出した素材を使い、手作業で丁寧にひとつひとつ商品に仕上げる。
濃密な関わりを物語として伝え、お客様が賞味する際の隠し味として感動を添えたい。それが望みです。

http://www.shokokai.or.jp/19/zenkikaku/index.htm

2017-03-07 | Posted in SHOP INFO, VEGETABLES&FRUITSNo Comments » 

関連記事